2014年度  仙台医健専門学校

スポーツ選手の競技力向上を目的とした
スポーツメディスンチームサポート教育プログラムの構築について


2014_sendaiiken

抄録

I. はじめに

厚生労働省は、医療に従事する多種多様な医療スタッフが、各々の高い専門性を前提に、目的と情報を共有し、業務を分担しつつも互いに連携・補完し合い、患者の状況に的確に対応した医療を提供すること目的とした、「チーム医療」を推進する計画を報告書としてまとめている。専門家同士の連携は、専門家1人1人の専門性を高め、その専門性に委ねつつも、チームを通して専門性を再統合し問題に対して解決することが可能であると示されている3)。

細田らによると、高度に専門化した医療行為は、一人の医師によって完遂されるのではなく、各分野をそれぞれに高度化した専門性を有する専門医療従事者が担当することで、全体的に完遂され、その高度化が保証される可能性があることを示している4)。