2020年度  東京医薬専門学校

食品成分の機能性評価及び作用機序解析
オートファジーフラックスを活性化させる植物性化学物質の同定


抄録

【背景・目的】

オートファジーとは、細胞内成分を分解するための主要なシステムである。このシステムは飢餓、酸化ストレスといった様々な細胞ストレス刺激に応答して活性化し、細胞の細胞恒常性の維持に重要な役割を果たしている。