2008年度  東京医薬専門学校

廃棄系バイオマスを用いた機能性材料の開発
1. Synthesis of Bio-ceramics using Animal Feces(2)


2008_tcm_1_2

抄録

1. 序論

 飲料水の中のフッ化物はイオンは、健康に有害,有益の両方の効果があることで知られています。

 A1.5 ppm 以上の過度のフッ化物イオンを含む飲料水の消費は異なった形のフッ素症を引き起こします。水源からのフッ化物の除去は科学的にも実用的にも興味深い事です。飲料水に含まれるフッ化物は、イオン交換,イオン吸着または凝固作用,沈殿現象によって取り除くことができます。これらのプロセスに基ずいて、幾つかのフッ素除去法が提案されました。提案された方法は、みょうばん,石灰,アルミニウム,硫酸,マグネシウム,白雲石,活性アルミナ,リン酸カルシウムなどの使用が必要となります。近年、逆浸透や電気透析,ナノフィルトレーション,donnan 透析,などの膜の過程は、水におけるフッ化物の濃縮を抑えるために調査されました。ナノ材料は新しい可能性を化学者に提供し、あらゆる面で化学がナノセケールで修正され変わる。表面特性,電子構造,化学配位 etc… は材料の次元がナノスケールに達したとき修正されるでしょう。そして目新しい化学はサイズの関数として発展するかもしれません。事実上表面サイトによる吸着で有毒化学物質を除去できるので、水からの有害化学物質の除去にナノ粒子を用いることができました。HAp 水処理の過程に広く用いられています。HAp を用いたカドミウム,オキソバナジウム,コバルト,亜鉛,鉛の除去が報告されています。従って本研究ではナノスケールで HAp のフッ化物除去能の研究を試みました。HAp を用いたフッ化物の除去は以前から報告されていましたが、HAp の使用が確実にフッ化物除去の分野で新しい寸法を与えるだろうと著者は感じた。よって HAp を用いてフッ化物除去実験を行いました。HAp はリン酸カルシウムをベースとしたバイオセラミックスで医療分野などに使われています。その理由は HAp は骨や歯などの生体硬組織の主成分だからです。HAp は沈殿法,ソルゲル,熱水処理を含む様々なセラミックの過程で合成されます。その中で沈殿法は最も良い方法だと考えられます。その理由は実験法が非常に簡単で費用効率が良く、環境に優しいためユーザーにによって実験過程が用意に許容できるためだ。本研究では、HAp は実験室で沈殿法によって合成されました。そしてフッ素除去能の研究は、コンタクトタイム,投与量,他のイオンが DC に与える影響を細かく実験し、確実に HAp の DC メカニズムを理解しながらさらに注目されていくであろう、 HAp の DC と動的運動の研究を徹底的にデイスカッションしまた。